数多くある引越し業者の中から、格安の引っ越し業者を一括見積もりで徹底比較いたします。

「引っ越し費用が最大50%OFF お財布にうれしいわ」「100社以上のお見積もりから ご自分にあった内容をお選びください!」
トップページ > 賢い引越し手順 > お見積り - こちらでは、賢い引越し手順についてご案内します。

賢い引越し手順 - お見積り
1分で引越し一括見積もり!100社以上から格安な引っ越し業者を見つけよう

お見積もりを依頼する前に、引越し料金のしくみを知っておくことをオススメします。引越しを少しでもお得にするために、引越し先に持って行くもの、行かないものを、見積もりの時点で明確にしておくことが大切です。

引越し料金を決める要素

引越し料金は、何に対してどのくらいの料金がかかるのかをご存知ですか?引越し料金が何によって算出されるのかを見積もり前に知っておけば安心ですね。

引越し料金を決める基本要素
「基礎運賃」+「実費」+「オプション料金」

引越し料金は、一般的に上記のような要素から成っています。 以下のページで、それぞれの要素について詳しく説明しましょう。

引越し料金の要素〜「基礎運賃」とは?

「基礎運賃」は、国土交通省、または引越し業者による「約款」に基づいて算出される運賃のことです。あらかじめ法律によって定められた料金ですので、法外な金額になることはありません。
この「基礎運賃」には、移動時間による「時間制」と移動距離による「距離制」の2種類があります。

【時間制】
基礎時間は、「4時間」または「8時間」の2種類。1時間超過するごとに追加料金が発生します。(軽貨物業者の基礎時間は、「2時間」または「8時間」です)
【距離制】
基礎距離は100km(軽貨物業者は30km)。超過距離によって追加料金が発生します。

※使用するトラックの積載量(荷物量)も基礎運賃に関係します。一般的に、1DKなら2tトラック、2DKなら4tトラック、3DK〜4LDKなら4tロング〜10tトラックが目安となります。

引越し料金の要素〜「実費」とは?

「実費」は、人件費(引越し作業員の人数分の作業料金)、梱包資材料金、有料道路を利用した場合の交通料金などです。作業員の人数は、引越しの規模で変わります。一般的には、1DK〜2DKで2〜3人、3DK〜4LDKで3〜5人です。また、高速道路などの有料道路を利用した場合、片道分を請求されることが多いようです。フェリーを利用した場合には、往復分を依頼主が負担するのが通例です。

引越し料金の要素〜「オプション料金」とは?

「オプション料金」は、引越しに付帯するサービスにかかる料金です。引越し業者が対応してくれる場合は、割安になることが多いようですが、引越し業者から専門業者に委託する場合は、割高になることがあります。見積もりの段階で、複数の引越し業者に確認して、比較しておくとよいでしょう。

【例】エアコンの取り外し、取り付け料金。ピアノの運送料金。不用品の処理、ハウスクリーニング料金など。